青森ねぶた祭

国の重要無形民俗文化財に指定されている東北三大祭りの一つ

毎年8月2日から7日に開催される夏祭りです。青森市内の大通りを「ラッセラー」の掛け声を上げながら踊り手である「跳人(ハネト)」がねぶたの周りを飛び跳ねます。

国の重要無形民俗文化財に指定されており、こちらもまた世界的にも有名で日本を代表するお祭りのひとつです。平安時代に坂上田村麻が陽動作戦として笛や太鼓で敵をはやし立てたのが起源と言われています。

ねぶたの由来

青森ねぶた祭は、七夕祭りの灯籠流しの変形であろうといわれていますが、その起源は定かではありません。奈良時代(710年~794年)に中国から渡来した「七夕祭」と、古来から津軽にあった習俗と精霊送り、人形、虫送り等の行事が一体化して、紙と竹、ローソクが普及されると灯籠となり、それが変化して人形、扇ねぶたになったと考えられています。

初期のねぶたの形態は「七夕祭」であったのでしょう。そこに登場する練り物の中心が「ねぶた」と呼ばれる「灯籠」であり、七夕祭は7月7日の夜に穢れ(けがれ)を川や海に流す、禊(みぞぎ)の行事として灯籠を流して無病息災を祈りました。これが「ねぶた流し」と呼ばれ、現在の青森ねぶたの海上運行に表れています。

「ねぶた(ねぷた・ねふた)」という名称は、東北地方を始め、信越地方「ネンブリ流し」、関東地方「ネブチ流し・ネボケ流し・ネムッタ流し」等の民俗語彙分布と方言学から「ねむりながし」の眠りが「ねぶた」に転訛したものと考えられています。

6日間にわたって繰り広げられるねぶたの運行スケジュール

「青森ねぶた祭」は毎年8月2~7日の6日間にわたって開催されます。ねぶた運行は最終日を除いて夜間に行われ、日によって楽しみ方が異なります。

初日の8月2日と翌3日は、子どもねぶた・担ぎねぶたが参加。大型ねぶたと合わせて約30台が運行します。子どもねぶた・担ぎねぶたとは、地域の子どもや学生たち、町会が制作したもの。後継者育成や子どもたちにも参加する喜びを伝えるといった趣旨があります。

4~6日は、大手企業などのスポンサーによる一般団体が参加。大型ねぶたのみが各日20台前後運行します。

ねぶたの運行は「ねぶた」「囃子(はやし)」「ハネト」の三位一体で成り立っており、2~5日の運行中には各団体の審査が行われます。そして、5日の夜(運行終了後)に発表。翌6日の夜の運行では、山車の正面に「ねぶた大賞」などの額縁が飾られた状態で各賞がお披露目されます。

最終日の7日は、13:00~15:00に昼運行を実施。そして19:15から海上運行が始まります。海上運行とは、台船に乗せられた受賞ねぶた6台が青森港を運行すること。同時刻に開催される「青森花火大会」で打ち上がる1万発以上の花火との共演は必見です。

初心者OK!ハネトになって運行に参加してみよう

青森ねぶた祭」の醍醐味の一つは、ハネトになって祭りに誰もが参加できること。「初めてだから」とか「初心者には難しいのでは」と踏み切れないこともあるかもしれませんが、全然問題ありません!参加条件は実にシンプル。

「ねぶた衣装」と呼ばれる浴衣のようなハネトの衣装を着用するだけ。購入すると1万円前後かかりますが、祭りの開催期間中は、市内の洋服店やスポーツ用品店などで特別にレンタルすることができます。これらのお店では荷物を預けることもできるため、荷物が多くなりがちな観光客でも気軽に参加できます。

ここで一つ注意が必要で、団体によっては着用すべき衣装の条件が異なる場合があります。お店の人がその人の参加意欲や衣装に合わせて団体を推薦してくれるので、きちんとアドバイスを聞いて参加する団体を選びましょう。

開催概要

名称 青森ねぶた祭

開催日時 毎年8月2日~7日

料金 個人・団体観覧席 お一人様 2,500円(税込・パンフレット付)

お問い合わせ先 青森観光コンベンション協会 公式HP   TEL017-723-7211

アクセス・交通情報

所在地 青森市役所周辺

公共機関でのアクセス JR青森駅から徒歩

関連記事

PAGE TOP