仙台七夕まつり

あの伊達政宗も楽しんだ?七夕の元祖

仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。 仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の8月6日から8日に開催されています。

仙台七夕まつりに欠かせないのが、「七つ飾り」といわれる7種類の飾りもの。紙で作られた飾りには以下のような意味があります。「吹き流し」=機織りや技芸の上達、「短冊」=学問や書道の上達、「折り鶴」=健康長寿・家内安全、「巾着」=商売繁盛、「投網」=豊漁・豊作、「屑籠」=清潔・倹約、「紙衣」=裁縫・手芸の上達・厄除け。伝統の飾りには古くから仙台市民の願いが込められており、現在もその風習は大切に受け継がれています。

仙台七夕まつりの楽しみ方

期間中、もっともにぎやかな場所が勾当台(こうとうだい)公園市民広場。ここは「おまつり広場」と題して、和太鼓や音楽隊のステージパフォーマンスや、盆踊りなどを楽しむことができます。仙台グルメの屋台や、子ども向けのミニ七夕飾り作り体験コーナーもあり、幅広い年代が楽しめます。

「瑞鳳殿七夕ナイト」は、参道や境内に約1,200本の竹灯籠が並び、夜の瑞鳳殿がライトアップされるイベントです。周囲をうっそうと茂る木々に囲まれた境内は、幻想的な世界観が広がります。涅槃(ねはん)門前には七夕飾りがライトアップされ、非日常感が漂います。篠笛(しのぶえ)の演奏やさまざまな楽器によるコンサートなど、音楽とのコラボレーションも見事。この期間中にしか楽しめない貴重な体験ができます。

仙台七夕まつりの前日、8月5日の夜には「仙台七夕花火祭」が開催されます。毎年約1万6,000発が打ち上げられ、約45万人もの人でにぎわう人気の花火大会です。1時間30分の間に次々と打ち上げられる花火はどれも感動的な美しさ!打ち上げ場所が仙台市中心部からほど近いため、街なかにいながら花火を楽しめるのもうれしいポイントです。

開催概要

名称 仙台七夕まつり

開催日時 毎年8月6日~8日

料金 要問合せ

お問い合わせ先 仙台七夕まつり協賛会 公式HP   TEL022-265-8185

アクセス・交通情報

所在地 仙台市中心部および周辺商店街

公共機関でのアクセス JR仙台駅から徒歩

関連記事

PAGE TOP