郡上踊り

連日朝まで踊り明かす

日本三大盆踊りに数えられる伝統的な盆踊りです。7月中旬から9月上旬までの三十三夜にわたり場所を替えて行われます。特に8月13日~16日の「徹夜踊り」は有名で、連日朝まで踊り明かします。美濃八幡藩の初代藩主である遠藤慶隆が領民たちの和睦のために「盆の4日間だけは士農工商の身分の隔てなく無礼講で踊るがよい」と盆踊りを奨励したのがはじまりと言われています。

みどころは13日~16日の徹夜踊り

盂蘭盆会(徹夜おどり)は、20時から翌朝4時頃まで徹夜で踊り続けます。四つ辻にお囃子屋形が据えられ、ここが踊りの中心になります。三味線の音がする屋台からどんどん踊りの輪が大きくなっていきます。何万人もの人が歌に合わせて、手拍子をそろえる。踊り続けるうちに自然と調子がそろってきて、明け方近くになると下駄の音や振りがきれいに一体化する瞬間があります。ちょっと鳥肌が立つような迫力です。




踊りの種類は10種類。徹夜で踊りつくせ



郡上おどりは全部で10曲。10種類すべてが踊れなくても楽しめますが、いくつかを事前に覚えておけば楽しさが倍増です。踊りには「かわさき」「春駒(はるこま)」などがあります。

開催概要

名称 郡上踊り
開催日時 毎年7月中旬から9月上旬まで 徹夜踊りは8月13日~8月16日の4日間
会場 岐阜県郡上市八幡町 新町~橋本町、本町
お問い合わせ先 郡上八幡観光協会
公式HP https://www.gujokankou.com/event/01hachiman/472.html
TEL 0575-67-0002
アクセス・交通情報 長良川鉄道郡上八幡駅から徒歩20分

PAGE TOP