自己啓発

人生を豊かにする心の断捨離術

あなたは今、豊かな人生を送っていると言えますか?

本当は会社辞めたいのにやりたくもない仕事を引き受けて、出世競争に取り残されないように一生懸命何かの情報をインプットしたり、自分の事を発信しなければいけないような強迫観念に迫られたりしていませんか?

今回はそんな疲れ切った現代人に人生を豊かにする心の断捨離術をお届けします。

簡単に頼み事に応じない 仕事の取捨選択

何か頼み事をされたり、誘いを受けた時にそれを受けるかどうかの判断の境界線をあらかじめ作っておきましょう。

・能力の輪

あなたの能力的にできるかできないかの境界線です。能力的にできないことは絶対に断りましょう。能力の輪の大きさは問題ではありません。それよりも境界線をはっきりとさせておくことが重要です。自分でできる範囲の事をしっかりと遂行していれば信頼を失うことはありません。できないからやりませんとはっきりと断りましょう。

・尊厳の輪

あなたがやりたいか、やりたくないかの境界線です。理論ではなく純粋にあなたの気持ちを優先してください。これをやったらあなたらしさを失ってしまうと思うようなことはやるべきではありません。『悪魔に魂を売る』なんて言葉がありますが、多きな報酬と引き換えに自分を失ってしまい後悔するようなことがないように、できるけど、やりたくありませんとはっきりと断りましょう。

・5秒決断ルール

そしてオファーを受けた時まずは5秒考えてください。5秒以内に受けるという答えを出すか迷ってしまうようなことは、その程度の事ということですので拒否してしまいましょう。

基本的にオファーを断ったからといって依頼人に嫌われるということはほとんどありません。そして断ることの罪悪感を感じる必要はありません。

またこのやり方には決断疲れを防ぐというメリットもあります。

実は人は日頃の生活の中での何気ない判断、意思決定にもエネルギーを消費しています。

例えば、今日はどの服を着よう?、今日の夜ご飯は何にしよう?こんな些細な判断でさえ数多く積み重なっていくことで、人の脳は疲弊してしまうのです。

あらかじめ受ける、受けないの境界線を作っておくことで、

『できないからやらない』、『できるけどやりたくない』

とすぐに決断できるように脳にプログラミングしておきましょう。

本音をさらけ出さない アウトプットの取捨選択

・感情をさらけ出さない

SNS等で思ったことを何でも書いてしまい、批難されたり、炎上してしまったりする人がまれにいます。(あえて炎上目的の方も一部いますが・・・)

あまり考えず、感情に任せての結果なのでしょうが、そもそも感情なんてすぐに変化するものです。その時は怒りや嫌悪を感じていたとしても、しばらくするとそうでもなかったり、逆の印象にさえなってしまうことだってあります。

感情をさらけ出しても得をすることより、損をすることの方が多いでしょう。

・わからないと言っていい

あなたは何か知らないことを聞かれたときにはっきりと『わからない』と答えることができますか?

こんなことも知らないの?と思われるのではないか、わからないと言ったら頭が悪いと思われるかもと、知ったかぶりをしてしまったことはありませんか?

そんな心配をする必要はありません。わからないと答えることは知能の低さをの表れではなく、むしろ知性の表れと言っていいでしょう。

また興味のないことに対して意見を求められた時も適当に答えるのではなく、『興味がない』とはっきり答えましょう。

情報収集しすぎない インプットの取捨選択

・ニュースの量を制限する

昨今ではインターネットで情報がすぐ手に入るようになりました。あなたが何か学びたいと思ったり、知識を得たいと思ったら、ネットですぐに調べることができます。

その反面、ネットニュース、SNS等で情報過多になっていて、不必要な情報まであなたに入ってきてしまいます。

よく考えてみてください。ネットニュースにでてくるトピックは芸能人のスキャンダルであったり、政治ゴシップであったり、90%以上はジャンクニュースといえるでしょう。

そんな事のためにあなたのメモリーを消費するのはもったいないことです。

・良い本を繰り返し読む

ではどのように学ぶべきかというと、良い本を繰り返し読むことです。

本を一度読んだだけでは書いてあることを完全に理解することは難しいです。繰り返し読むことでその理解度は増していき、あなたの知識として吸収されていきます。

大きすぎる夢を持たない 目標の取捨選択

・世界は変えられない

子供のころ、大きな夢を持ちましょうなんてよく言われませんでした?自分が世界を変えられると思い続けている大人はなかなかいないと思いますが、大きすぎる目標を持っている人はいるのではないでしょうか。

人は目標を達成したときに幸福感を感じます。大きすぎる目標を持ってしまい、いつまでたっても達成することができない人は幸福感を感じることができません。

自分の能力の輪をしっかりと理解して目標を立てた方が良いでしょう。あなたに世界を変えることができなくても、あなたの人生を変えることはできます。

どんなにあなたが世界の貧困のことを考えてもあなたがそれを無くすことはできません。あなたの関心があること全てに反応するのではなく、あなたが影響を及ぼすことができる範囲で、できることをやりましょう。

 

いかがでしたか?

他人より抜き出るために何か先に情報を得られないかとジャンクニュースの山の中から一生懸命知識を身に付けようとしたり、ビジネス成功のためにフォロワーを得なければと毎日何度もツイートしたり、やりたくもない仕事を引き受けたり。

心の断捨離をすれば、そんなことから解放されて心がすっきりしますよ。