中小企業診断士

中小企業診断士合格への道 ~第1話 事前準備~

この物語は、外出自粛によって会社辞めた管理人が暇つぶしのために思いつきで始めた中小企業診断士の勉強をただ紹介するものである。

本気で合格を目指している方が参考にする際には全て自己責任でお願いします。

中小企業診断士の試験について知る

中小企業診断士になるまでには、1次試験、2次(筆記・口述)試験、実務補習・実務従事の3段階のステップがあるようです。受験資格の制限もないようです。

そして今回目標とする1次試験は例年8月頃に実施されているようで、テストは7科目あり、全てマークシート方式のようです。

日程 試験科目 時間・配点
1日目:午前 経済学・経済政策 60分・100点
財務・会計 60分・100点
1日目:午後 企業経営理論 90分・100点
運営管理 90分・100点
2日目:午前 経営法務 60分・100点
経営情報システム 60分・100点
2日目:午後 中小企業経営・中小企業政策 90分・100点

合格基準は以下の通り。

① 総点数による合格基準

免除科目を除く全科目を受験し、総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率とする。

シン
シン
今回管理人が目指すのはこれだな

② 科目ごとによる合格基準
科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率とする。

合格の有効期間

・1次試験合格(全科目合格)の有効期間は2年間(合格年度とその翌年度まで2次試験を受験できる)

・1次試験合格までの科目合格の有効期間は3年間(翌年度と翌々年度まで合格した科目を免除申請できる)

※3年以内に7科目のすべてに合格することで1次試験合格となります。

※免除科目を除く全科目を受験していない場合、「①総点数による合格基準」は適用されません。

※科目合格は、1次試験合格となった時点で、それまでの科目合格による受験免除の権利はなくなります。

計画を立てる

中小企業診断士の試験に限ったことではないですが、本気で試験勉強する人や試験勉強の時間が十分取れない人は、勉強の計画を立てる事こそが最も重要です。

なんの戦略も考えずに立ち向かうのは勇気があるというより無謀といった方がいいです。それが面倒な人、どうやったらいいかわからない人、その時間がない人はスクールに通うのがいいでしょう。スクールは合格のための効率的なカリキュラムを熟慮して組んでいるはずなので、授業についていけばそれだけで効率的に勉強ができるはずです。

私は令和3年の受験予定ですので1年くらいの時間がありますし、出費を抑えるため自分でカリキュラムを作ります。では、早速考えていきます。

まず前提として私は理系出身で経済学の知識はほとんどありません。株から得た簿記3級程度の財務会計の知識、経済の一般的な知識、あとはFP2級を持ってるくらいです。

そして中小企業診断士の試験のそれぞれの科目の難易度もわからないので、まずは某スクールのカリキュラムを参考にすることにします。

調べてみると1.5年で合格を目指すコースがありました。

それによると、まずは1年目の1次試験で暗記科目である経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策を科目合格させ、2年目で2次試験と関連が深い残りの4科目の対策と同時に、早期から2次試験対策に着手するとありました。

経営情報システム、経営法務、中小企業経営・中小企業政策の3科目で約6か月、残り4教科(+2次試験対策)で約12か月配分されています。

これからわかるのは経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理は理論、思考が重要な科目ということです。よって暗記科目よりこれらの科目から始めて、その後に暗記科目に手を付けようと思います。

2020年5~6月 経済学・経済政策

7~8月 財務・会計

9~10月 企業経営理論

11~12月 運営管理

2021年1月 経営情報システム

2月 経営法務

3月 中小企業経営・中小企業政策

4~7月 予備

本当はここからさらに週単位、日単位、できる事なら時間単位に細分化してタイムスケジュールを立てるべきです。しかしながら、現段階では難易度や各分野の重要度が不明なため、とりあえずこれでスタートします。

あとはやりながら修正をしていきます。←超重要

試験が終わって、もし合格できたら難易度、重要度を考慮した最高効率のタイムスケジュールを公開します。

続く・・・