会社辞めた人のプロフィール

ようこそ!

管理人です。

『会社辞めた人のブログ』へお越しくださり、ありがとうございます。

まずは簡単に自己紹介をしたいと思います。

私は神奈川県横浜市に住むアラフォーです。

高校生の頃からパチスロ、麻雀にはまりながらも予備校なしでMARCHの某大学に現役で入学。大学ではほぼパチプロ状態で一部上場企業の課長くらいの年収はありました。

大学卒業後はオーストラリア、中国へ留学、その後外資系企業で事務職につきました。

職場でバツイチ女性(子持ち)と出会い、結婚。同時に2人の男の子の父となりました。

現在は会社を辞め、開業したサロンの運営をしながら筋トレ、株、ロードバイク、アクアリウム等の趣味を楽しんでいます。

このブログで伝えたいこと

会社辞めたいなと思ったことは誰しも一度はあると思います。

でも実際にその一歩を踏み出すことができる人は少ないです。以前は私も会社員をやっていたのでよくわかります。

そして私の経験がそういった人たちの背中を押すことができるのでは?と思っています。

具体的には次のような人に是非読んでもらいたいです。

・会社を辞めたいと思っている人

・開業、副業をしたいけど、何から始めればいいかわからない人

・効率よくスキルアップしたい人

また需要があれば株やロードバイク等の趣味の話や子育てに役立つ教育論の話もしたいなと思っています。

以外と簡単に会社辞めることできました

毎日9時に出社して当たり前のように残業をして家に帰るのは20時過ぎ、資格をとろうにも勉強する時間を確保できない。家のローン、子供の教育費がかかり貯蓄も思ったように増えず。ローンの支払いが終わったら・・・、子供が自立したら・・・いつか会社を辞めよう・・・

これが少し前までの私です。

今のあなたはどうですか?

うん、うんと頷いていませんか?

そのままだと定年まで会社で働き続けることになるでしょう。

私はまず仕事、お金に対する考えを変えるところから始めました。

雇われ脳を変えよう

日本は社会人の約8割の人がサラリーマン、公務員といった雇われる側の人間です。 

学校では義務教育として、みんなと同じ勉強をすべき、周りと同調して生活しなければならない。みんなと同じことをするのが常識で、違ったことをする人は非常識として教えられます。 

子供のころから親にいい大学に行って、いい会社に就職して、給料をたくさん貰う、それが幸せな人生と教えられて育った方が多いはずです。 

つまりあなたは気づかぬうちに、大学に行って、会社に入って、サラリーマンをやるのがあたりまえ、好きな事してお金をもらうなんて一部のすごい人がやることだ、と洗脳されてきたわけです。 

そうです。義務教育とは洗脳なんです。それは言い過ぎでしょ?と思うかもしれません。 

そもそも義務教育が始まったのは戦時中です。 

この頃に国が必要だったのは自分の人権や個性を主張する人間よりも、工場労働者や兵士といった【国に従順に従う人間】が圧倒的に必要でした。 

ではどうするか? 

まだ自分で考えることのできない幼少期から国のために働くのがあたりまえと刷り込んだのです。これが義務教育の始まりです。 

今はとっくの昔に戦争は終わってるから、そんなことないのでは?と思うかもしれません。 

しかし、義務教育の本質的なところは変わらないまま続いているため、工場労働者や兵士がサラリーマンや公務員に置き換わっただけです。 

私はこのサラリーマンになるのがあたりまえという考えを雇われ脳と呼んでいます。 

雇われ脳の人は自分の時間を切り売りして、好きでもないことを我慢してやる対価に給料をもらっている。そしてそれがあたりまえと思っている。 

だからほとんどの人はサラリーマンとして定年まで働いて、退職金と年金で老後を送ることを選んでしまうのです。 

ずっと雇われ脳をもっていた私がどのように会社を辞めるところまでたどり着いたのかこのブログで具体的に説明していきます。

私でも開業できました

よくツイッターやYoutubeでビジネス系の配信をしている人が

ネット起業して〇か月で月収〇〇〇万になった!

ツイッター or Youtubeで収益化して年収〇〇〇万稼いでる!

とか見ませんか?

本当に?って私は思います。全員が全員、誇張してるとはいいませんが、一部の本当に有名なインフルエンサー以外は盛ってるよね?と思っています。

あなたはどう思いますか?

私は自営業を始めてまだ数か月ですが、月収は30万くらいです。特別な知識や技術があったわけでもなく、少し時間をかけただけでできました。

インフルエンサーと私、どっちが手に届きそうですか?

私はサロン業ですが、開業、副業のコツを理解していれば、どの分野でも失敗の確率を下げつつ始められます。

あなたにそういったノウハウや具体的な手順をこのブログで説明していきます。

勉強は必要です

誤解のないように先に言っておきますが、楽して稼げるようになるということではないですよ。

会社を辞めるということは自分自身で稼いでいくわけですから、あなたに価値のあるものを人に提供する能力がなければなりません。

今あなたにその能力がないというのであれば、会社を辞める前に準備として何かスキルを身に付ける必要がありますし、会社を辞めないにしてもキャリアアップするために勉強は続けていかなければなりません。

しかし、会社勤めをしながら勉強をする時間を確保することは難しいですよね?

そんなあなたに効率よく勉強する方法や時間の作り方等を具体的にこのブログで説明していきます。